プーケット宿案内人

プーケット在住しまかぜ案内人がタイ、プーケット・ピピ島・クラビー・バンコクのホテル、観光やオプショナルツアー、レストランにナイトスポット、B級グルメ情報をお届中♪
MENU

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


プーケット島のダイビングポイント

プーケット ラチャヤイ島
プーケット島には世界中から訪れる有名なダイビングポイントがいくつもあります。ボートダイビングがメインで港チャロン湾から1時間20分前後で到着するラチャヤイ島は、東側はサンゴ礁一面で真っ白な砂地になっており、たくさんのスズメダイやチョウチョウウオの群れがダイバーを包み込んでくれます。そして初心者でも安心して潜れる事から、体験ダイビングライセンス取得の方達も多いですね。

更に南下したラチャノイ島は地形がダイナミックで大物回遊魚が流れてくることから中級者ダイバー以上の方が楽しむダイブサイトです。バラクーダーやツムブリの群れ、そしてマンタなどにも遭遇出来る事から大大物好きにはたまらないポイントですね。

マリンパーク方面では有名なシャークポイントアネモネリーフ、全長約90Mのキングクルーザー、そしてマクロが宝庫のドクマイ島などを1日3ダイブして回るのがメインになっています。

プーケット シャークポイント

アンダマン海名物レオパードシャークが多くの確立で砂地に気持ち良さそうに寝ています。水中ジャングルのようにたくさんの生物がごっちゃりと根に付いており、フエダイの仲間、タイワンカマスの群れ、インド用の固有種トマトアネモネフィッシュ、スカンクアネモネフィッシュなど見る事が出来ます。

マクロの充実しており、ニシキフウライウオ、カエルアンコウなどもじっくり観察できるのでマクロ派ダイバーにはたまらないダイブサイトです。年間を通して楽しめるのでプーケットに訪れた際には是非アンダマン海をたっぷりと潜って欲しいですね。

プーケットダイビングのご相談は海中案内人までどうぞ!


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://phukethotel.blog108.fc2.com/tb.php/63-ea843dfe
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。